RSS
 

海外と日本の電磁波対策

海外と日本での電磁波対策にはどのくらい違いがあるのか比較をしてみました。

■ 電磁波対策  < 海外 と 日本 >

  • アメリカでは、携帯で脳腫瘍になったと、携帯電話会社へ訴訟
  • イギリスでは、16歳以下の子供の携帯電話の利用については緊急時以外は使用しないようにと、
    全学校に通達
  • ドイツでは、子供は携帯電話を使うべきではない。大人も利用を控えるべきとの見解。
  • スウェーデンでは、家や学校付近では、高圧線を撤去

など、海外ではさまざまな電磁波対策がなされています。

日本では『電磁波が危険』と証明されていないということで、対策がまだまだ遅れていて、
先進国で高圧線の真下に家があるのは日本くらいだと言われています。

日本の対策が今後どのくらいまで進むのかはわかりません。
それなら、自分でできる身近で手軽なことから始めてみると家計などの負担も少なく
電磁波の影響もカットできます。

あなたの健康や大切なご家族の健康のためにも身の回りの電化製品を見直し、
電磁波の影響から身を守りましょう。